セマンティックで真の意味を理解する

セマンティックで
データが持つ意味を知る

データベースの一部であるセマンティック技術が、従来のデータベースでは対応できないビッグデータの問題を解決することをご確認ください。

セマンティックはデータに文脈的な意味を付加する関係性に注目することで、理解、検索、共有を促進するデータモデルです。この eBook で、セマンティックを使って企業や組織が分散する異種データをどのようにより速く、より簡単に統合し、優れた分析機能を備えたスマートなアプリケーションを構築しているかについてご確認ください。本書にはセマンティックを理解する5つのステップが書かれています。

  1. セマンティックの基礎 – セマンティックの基礎と、セマンティックが当初生み出された背景とその主な理由、そして、なぜ今日の複雑でデータドリブンな時代に注目され、必要とされているかを知ることができます。
  2. セマンティックの実際 – 様々な企業や組織が従来は不可能だったデータに関する課題を、セマンティックの持つ柔軟性により解決しています。本章ではその仕組みを解説します。
  3. データモデリング – セマンティックデータとリレーショナルデータのモデリングの違い、オントロジーやSPARQLクエリ言語の使用について検証します。結果として、データが潜在的に持つその他の付加情報を推測できるようになります。
  4. 技術の比較 – かつてはリレーショナルデータベース技術が唯一の選択肢でしたが、その状況は劇的に変化しています。今日では多くの選択肢があり、多様なデータを処理してそのデータをさまざまに役立てることが可能です。本章ではトリプルストアからグラフデータベース、NoSQLデータベースまで、多様なデータストレージ技術とそれらの技術を一連のものとして利用する方法について説明します。
  5. セマンティックで注意すべき10の事柄 – 本章ではセマンティックを検討すべきタイミング、セキュリティ、高いパフォーマンスの達成など、セマンティックに関して知っておくべき最も重要な事柄を10(実際は9つ)のアドバイスとしてまとめています。

電子書籍を入手